10年前の作品


季節柄、周りのみんなの、
引っ越し風景を目の当たりにしていたら、
やる気スイッチが謎に入り、
家の中の模様替えやら、大掃除やらを、
わっせわっせやっています。
懐かしの大きめのミニチュアもこの機会に写真に収めましょ。



これはもう10年前の作品で、
まだ新潟にいるときに作り始めて、
途中のまま東京に持ってきて、1年くらいかけて完成してたと思います。


古本屋の独特のにおいとか、
穏やかかな空気とか、
懐かしい気持ちをイメージしながら作ったファサード模型です。


大きな模型を1人で作るのも始めてて、
ハンダもなんの知識もないまま使ってたので、今みるとプププってなる箇所がたくさん 笑


↑接合部とか、ぼってぼて。
ちゃんとくっついてるー?笑
でもそれさえも懐かしくて、愛おしいです☻

当時は錆も試行錯誤で、塩水を銅板につけて作っていた気がする。
もりもり、錆。

なんとも、懐かしい。
ところどころ、破損してるけど、一生残しておきたい思い出の作品です。


こうゆう大きい模型は、置き場所がなくて困ります。今は、我が家の玄関にこの子がお出迎えしてくれています☻

大切にとっておこう。

Mihanada Miniatures

錆びて、朽ちて、剥がれて、割れてた、経年変化の感じれるミニチュアをつくっています

0コメント

  • 1000 / 1000